超音波でのネズミ駆除は本当に効果ある?

今は超音波で追い出すのが主流

超音波発生器による駆除は、ネズミが嫌がる周波数の音を流し続けることで休息できない環境にすることで弱らせます。

超音波の苦痛に耐え切れなくなったネズミは、その場を離れるので、音だけでネズミを撃退することが出来るという理屈です。

対して、一般的なネズミ駆除方法ですぐに思いつくのは、粘着シートを仕掛けるなどで、ネズミそのものを捕獲する方法です。

注意点として、仲間が捕まったところを見たネズミが学習して、次からは同じ場所を通らなくなってしまうことです。

超音波によるネズミ駆除の方法は、群れ全体に聞かせることが出来るだけでなく、目に見えないので粘着シートのように簡単に回避出来るものではありません。

超音波は少し時間がかかる

超音波発生によるネズミ駆除は、即効性は無いようです。

「ネズミの超音波発生器を仕掛けても、その横をネズミが通り過ぎた」というレビューを見かけることもあります。

超音波発生器は、モスキート音と同じように頭に響く周波数の音を流し続けるものです。目の前にエサを見つけた活動中のネズミなら、多少ストレスを感じてもすぐに居なくなることは無いようです。

ネズミは一日に、体重の3分の1か4分の1程度のエサを食べます。数日間何も食べないと死んでしまうので、食べ物の確保は、重要度が高いことがわかります。

超音波で追い出すメリット

  • 「駆除してもネズミが入ってきて困っている」
  • 「近くで大きな解体作業があってからネズミが出た」
  • 「周囲に飲食店などが多くネズミが多い」
  • 「家が古いのでネズミが簡単に入って来てしまう」

様々な理由でネズミの害に悩まされていて色々な駆除方法を行ってもイマイチ効果がなかった。そういう方も少なくないと思います。

ネズミの中でも民家に棲み着いて害をもたらすのは、大半がクマネズミです。

クマネズミは繁殖力が強いので、住処にされてしまうと簡単に数を増やしてしまいます。

最近は、スーパーラットと言われる種類も増えており、様々なネズミ駆除方法を試みても効かないケースが増えてきていると言われます。

ネズミ取り粘着シート、毒えさ、または、駆除業者へ依頼するにしても、今いるネズミを少し減らしただけに過ぎないかもしれません。時間が経てば再びネズミの寝床となってしまうリスクは残ります。

「その都度対応するのは面倒くさい」

ネズミを駆除するのではなくネズミを追い出すことで、結果的にネズミが住み着くことが少なくできます。

その方法として適しているのが超音波を発生する装置を利用したネズミ駆除です。

超音波はネズミが嫌がる周波数の音を出す事によって、ネズミにストレスを与えて休息の時間を奪うことが可能と言われています。

関連ページ

メニュー