超音波発生器の使用は返金保証でノーリスク

超音波はストレスを与えて追い出す

従来の方法は、どれも一長一短があります。

超音波発生器も「すぐに効き目が現れない」というデメリットがあります。

超音波は、見ることも触れることも、ニオイを感じることもありません。ネズミにとっては、警戒レベルが低いのかもしれません。

ただし、ネズミの引越しDXなら返金保証が付帯しています。

一定期間試して効果が無ければ、購入した金額が戻ってくるので、トライアル感覚で試すことができます。

>>超音波発生器「ネズミの引越しDX」の詳細へ

超音波駆除の利点

超音波では、ネズミの嫌がる音によって長期的なストレスを与え続けることができます。

殺さず追い出す方法なので、天井裏などに死骸が残るリスクも少ないと言えます。

「そんな簡単にネズミを追い出す事が出来るの?」

ネズミの活動時間は、日没から数時間と夜明けまでの数時間です。

夜の方が外敵に遭遇するリスクが少なく涼しいので、活動しやすくなるそうです。日中は身を潜めて休憩しています。

ネズミが夜に備えてスタミナを温存している時に、超音波によるストレスで休ませないように仕向けます。

安眠妨害による疲労とストレスをネズミ自身が感じることが必要なので、環境や個体差が出てくることも想定されます。

超音波発生器使用の注意点

超音波発生器ならネズミの苦手な超音波を出すことで、ストレスをかけることでネズミを殺さずに追い出せるメリットがあります。

しかし、漫然とコンセントに差していたり、スイッチを入れておいたりすれば良い訳ではありません。

超音波のデメリットは、ネズミの寝床に届かなければ、一時的に静かにさせるくらいしか効果がないからです。

実践者のレビューの中には、「効果が無かった」という声が一定数存在します。しかし、大抵は適切に使えていないことが原因のようです。

必要なことは、ネズミの寝床を見つけることです。事前にネズミがどこを通って出没しているのか、リサーチしなくてはなりません。

超音波は子供に聞こえる?

子供が居る家庭では、超音波発生器の使用を控えた方が良い場合があります。

ネズミの引越しDXの発する音が子供に聞こえる場合があるそうです。原理は、モスキート音と同じです。

多種多様なネズミ駆除方法も効果は一長一短?

ネズミ駆除にも色々な方法が有ります。

一般的で設置や処分も簡単なのは、粘着シートです。

他にも古くから有る方法なら、ねずみ取りカゴや毒エサを食べさせる方法など有ると思います。

猫を飼うなんて人も居るようです。

駆除方法別の懸念材料

家の中を住処とするクマネズミは、警戒心が強いと言われています。

■粘着シートについて

普段活動するエリアに変化があると、を異物と判断して避けて通る習性があります。活動エリアの状況を把握している賢いネズミは、粘着シートを避けて通ります。

時間が経てば経つほど、親ネズミから学習した子ネズミが増えます。その子ネズミが親となり数を増やすと、捕まえるのも大変になる場合があります。

■カゴ設置について

ネズミ取りカゴにエサを仕掛ける方法は、多く仕掛けられないデメリットがあります。

確実に1匹しか居ない場合ならカゴ1個で済みますが、数匹の家族で居る場合は、1度に1匹までしか捕まりません。粘着シートと同じように、危険なものだと学習されてしまう恐れもあります。

■毒えさについて

毒えさが必要となるケースは、ネズミの住処が特定できていない場合や家の食べ物に被害が出ている場合だと思います。

実際にネズミに有効だったとしても、人の手の届かない天井裏や壁の裏のほんの隙間などに死骸が残ると、腐敗したニオイやウジが沸いて、今度は、ハエが大量に出るなんて場合もあります。

元々、クマネズミには、従来の毒えさが効きにくいのでより強力なものを使わなくてはなりません。人体にとっても危険なので、家屋で使う場合は、使用上の注意をしっかりと把握しなくてはならないことも問題です。

メニュー