超音波でネズミ駆除効果を出すコツ

設置前にネズミの活動領域を確かめること

超音波器によるネズミ駆除が、自分でやる場合には一番無難みたいですね。

粘着シートや粘着板、毒餌だと、後々ネズミの死骸を駆除することになるため、素人には結構ハードルが高いそうなんです。確かに、死体に触るのは嫌ですね。と言うか、天井裏や床下に入って、粘着シート等を設置する時点で大変そうです。

となると、確かに超音波器が良いのも納得です。

ネズミが自発的に家から出て行くよう促してくれるわけですから。
もちろん、そこから発せられる超音波は、周波数の関係上、人には一切聞こえませんから、何ら私達が不快に感じたり悪影響を受けたりする心配もありません。

しかし、いくら超音波がネズミに効くと言っても、漫然と居間のコンセントに差しておけば良いわけではありません。なぜなら、超音波はネズミに直接当たらなければ、あまり効果が無いからです。

そのため、超音波器を設置する前には、ちゃんとネズミの活動領域を確かめておくべきだそうです。

それには簡単な方法があって、疑わしい場所に小麦粉を撒いておくと良いそうです。

ネズミが活動する場所なら、そこに足跡がつくんですね。もし、コンセントが無い場所なら、電池式の超音波器を使うのも手とのことでした。

私もいざという時は実践してみます。