ランダム可変式の超音波が良い理由

ランダムに周波数が切り替わる可変式超音波が良い理由

スーパーラットの中には、超音波に耐性を持つ種類も居るようです。

殺鼠剤が効かない、または、食べないようになっている。
粘着シートの場所も分かっていて、かわす術を覚えているネズミをスーパーラットと呼びますが、これらの中には、超音波発生器によるネズミ駆除も効果が無いという情報があります。

ネズミが超音波に慣れてしまい、あまりストレスを感じる事無く営巣しているような事があると言われていて、こうした超音波への耐性があるとされるスーパーラットも増えてきているようなのです。

しかし、それは、ある一定の周波数で流れ続ける超音波に対する耐性。
また、近くにエサがあるなど、別の事も関係して設置している側がそう思い込んでしまっていたかもしれませんが、いずれにしても、こうしたスーパーラット対策の超音波が有れば、それに越したことはありません。

そうしたスーパーラットが超音波に慣れさせない事が大切で、それを可能とする方法が可変式超音波技術というものです。これは、簡単に言うなら同じ周波数の超音波を流さないことで、超音波慣れを防ぐ方法です。

また、一定の間隔で超音波が変更されるのではなくランダムに切り替わるので、状況の変化に著しく敏感なネズミにとっての有効性も高いようです。

尚、この技術は、アメリカでは特許を取得(No.5930946)していて「スウィープ・サウンド・テクノロジー」と呼ばれていています。

超音波ネズミ駆除の種類にも色々とありますが、ネズミの引っ越しDXなら、この特許技術を採用しているので、超音波の効き目があまり感じられないようなスーパーラットに対しても駆除効果を発揮してくれる期待が出来ると思います。