ネズミ駆除業者に頼むと費用が嵩む

一度に10万円以上かかるのが普通

日本ペストコントロール協会という公益社団法人があるのですが、ここでは、人に害を与える生物(有害生物)から快適な生活を守るというコンセプトであり、表向きは、健全な協会のように思えます。

しかし、ここに登録している業者の中には、悪徳とまではいかなくても、それに近い契約を取ることも有り注意が必要のようです。

具体的には、ネズミの駆除と侵入経路を塞ぐ施工を行い保証期間を設けていても、それ以外の穴からネズミが侵入して、再び営巣しても保証されないという事です。ネズミが一度入ってきているという事は、他にも穴が有って当然と考えられます。

ネズミ駆除業者が一通り調査して、穴を塞ぐまでは良いものの、その業者の調査漏れの侵入経路が有ったとしても、それは、保証の対象外となると考えられます。

また、人が動くのでその分の手数料もかかり、一度のネズミ駆除で10万円以上は普通の事となっています。そこまでして依頼したのに、完全に解決していなければ、損でしかありません。

業者側としても、鼻から完全に侵入経路を塞いでネズミを完全に駆除するのは不可能と思っている場合も少なくないようなので、そうなると、何のために依頼したのかさえ不明となりかねません。

その点、自分で超音波発生器を仕掛けてネズミが住みにくい環境を作れば、それが、ネズミ被害の予防となってくれるだけでなく、駆除依頼をする金額の10分の1程度で済ませる事も可能となるのです。

そう考えると、どちらが継続的に効果が有ってコストパフォーマンスに優れているか考えるまでも有りません。